Author:
• 木曜日, 5月 29th, 2014

私は初めてのアルバイトはオープニングスタッフ募集のところを選びました。
そこのお店は駅構内にあるジュースを販売するお店でした。

父が消費者金融のアコムで借入をしてその返済をするのが大変で母親も必死に働いていたので、少しでも母の助けになるようにと、一人暮らしをさせてもらっている以上自分の生活費はなんとかして出来る限り自分で稼ごうと思ってアルバイトを始めました。
私が働いていたお店は、新鮮な果物や野菜を使ったフレッシュジュースを作って、お客様に提供するお店です。
お金は券売機でしたので、計算が苦手な私でも大丈夫でした。
そこのバイトではいろんな大学、専門学校の子達がいっぱいいました。
あまり社交的ではない私でもみんなとすぐに仲良くなることができました。
1年働いていた頃に副店長にならないかという誘いがあったので、副店長になることにしました。副店長の仕事はお金の管理や発注などの仕事もありました。
しかし思ったより簡単だったし、問題なく仕事をすることができました。
私はそこで3年間働きました。
大学に通っていたのですが、大学よりもバイトを一生懸命していた記憶があります。
早番の時には5時に起床していました。
早番はとても眠たかったのですが、通勤で電車を利用するお客さんが
駅にはたくさんいたので、元気よく挨拶をすることを心がけていました。
今そこのお店は残念ながらなくなってしまいました。
でも似たような感じのお店はあります。
若い子たちがそこで働いているのを見ると、とても懐かしい気持ちになります。

あの頃、必死に働いていたな・・・母にはそんなに心配しなくてもいいから。。。なんて言われていましたが、分かってるよっていいつつもこっそりと母の助けになるように働いていました。なんとかその借金も完済できたのでこれからの両親の老後は少しは安心しています・・・年金をきちんともらえるかどうかはわかりませんが、借金があるのとないのでは違いますから・・・これからもできる限りは助けていきたいと思います!!

Category: 未分類  | Leave a Comment
Author:
• 木曜日, 5月 22nd, 2014

一番上の子どもが出来るまで幹部職員として働いていました。 おじさんたちに交じって残業もこなし主人にはナイショですが、主人以上の収入がありました。

そんな私も子どもが出来て産休・育休を取得する気で男性上司に申請したら 「休んでいる間あなたの代わりを務まる者がいない。ここは、いったん退職して落ち着いてから職場復帰したら?」と言われました。

当時はツワリも酷くて、それが上司の優しさだと思っていたのですが、単にオンナの私を辞めさせたかった。というのをあとから聞いて憤慨しました。 でもあとの祭りです。

出産後は慣れない育児に追われて3人の子ども達も全員小学生になりました。 やっと自分の時間が持てた!

一人でショッピングに行ったりガーデニングをしたり料理に手をかけたり…私なりにのんびりとした時間を楽しみたいのです。どっぷり専業主婦です。

今さら元の職場に復帰するつもりはありませんが子どもを送り出して在宅していると周りから「働かないの?」攻撃がスゴイんです。

家にいてヒマを持て余しているように見えるのでしょか? 主人には細々とした用事を頼まれるし、子ども達ですら「どうせヒマなんでしょ?雨の時迎えに来てよ」なんて言われた時にはキレました。

ゴールの見えない家事に達成感もなく報酬もなく休みもない。 思い切って働きに行って私の<ありがたみ>を思い知らせてやろうか…と計画中です。

私も専業主婦で収入が無いので、家の生活費もピンチになってきましたしね。。。

結婚式や車の車検、税金の支払いなど急な出費の時にはお金を借りないと支払えない時もあるぐらいですからね。

http://xn--n9jucvadgf2034cyfdqq4axvdux2cvkk8r2dhbwaiyrigt.com/

やっぱり働きに出るべきなんでしょうね。主人がもっと稼いできてくれたら何一つ問題ないんですが、今更言っても手遅れですよね・・・( ゚Д゚)

Category: 未分類  | Leave a Comment
Author:
• 月曜日, 3月 24th, 2014

今年で結婚して10年経ちました。

この10年、あっという間といえばあっという間だったんですが、長かったといえば長かった10年でしたね。

今まで何回も喧嘩なんかもありましたが、10年経った今でも何だかんだで幸せに過ごせていますよ。

これからも20年30年と幸せに暮らしていきたいですね。

ちなみに、スイートテン・ダイヤモンドを無理やり買ってもらいました(^◇^)

 

Category: 未分類  | Leave a Comment